千葉県君津市(読み)きみつ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕君津〈市〉(きみつ〈し〉)


千葉県南西部、東京湾に臨む市。
京葉工業地帯南部の中心地。かつて海岸部は半農半漁の村で、アサクサノリの産地であった。1960年代以降埋め立て地が造成され、1970年(昭和45)に八幡製鉄(現・新日本製鐵)が進出。対応して宅地化も進んだ。内陸部は稲作・養鶏などを中心とする農業地帯。鹿野(かのう)山や九十九谷(くじゅうくたに)とよばれる景勝地があり、三島ダム・豊英(とよふさ)ダムは釣り場として知られる。ノリ養殖の先駆者近江屋甚兵衛(おうみやじんべえ)の墓は県の史跡。鹿野山神野(じんや)寺は名人左甚五郎(ひだりじんごろう)作とされる白蛇や運慶の仁王面を所蔵する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉県君津市の関連情報