千葉県夷隅郡大多喜町(読み)おおたき〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕大多喜〈町〉(おおたき〈まち〉)


千葉県南部、房総丘陵東部の夷隅(いすみ)川・養老川上流域を占める町。夷隅郡
旧城下町。アジサイ群落の麻綿原(まめんばら)高原や養老渓谷は行楽客に人気。粟又の滝は紅葉の名所。千葉県立中央博物館大多喜城分館は、徳川四天王のひとり、本多忠勝を初代城主とする大多喜城の本丸跡に建てられた、城の形をした博物館。竹の子ミョウガが特産。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android