千葉県市原市(読み)いちはら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕市原〈市〉(いちはら〈し〉)


千葉県中部の都市。
北西は東京湾に臨み、北は千葉市と接する。京葉工業地帯の中心地。古代は上総国(かずさのくに)の国府が置かれ、近世は木更津街道の宿場町として発展した。かつて海岸部は半農半漁の村で、浅草のりの産地であったが、1957年(昭和32)以降、埋め立て地に石油化学コンビナートや造船・電機工場などが進出。宅地化も大規模に進んだ。内陸部は稲作を中心とする農業地帯。プロサッカーJリーグのジェフユナイテッド市原・千葉のホームタウンでもある。山倉ダムの湖畔には千葉こどもの国 キッズダム、山小川には市原ぞうの国など家族向けの観光施設も充実しているほか、養老渓谷に至る地域も行楽客が多い。いずれも国指定史跡の上総国分寺跡・上総国分尼寺跡、飯香岡八幡宮(いいがおかはちまんぐう)(本殿は国指定の重要文化財)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉県市原市の関連情報