コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉県成田市 なりた〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕成田〈市〉(なりた〈し〉)


千葉県北部中央に位置する市。
下総(しもうさ)台地上に位置し、市の西側には根木名(ねこな)川、東側には大須賀川が流れる。市の北部は利根川を隔てて茨城県と接する。2006年(平成18)3月、香取郡下総町、同大栄町と合併して現在の姿となる。旧・成田市は、中世以来、成田山新勝寺の門前町として栄えた。昭和30年代までは畑作と稲作を中心とする農業地帯。1966年(昭和41)、南東部の三里塚地区に新東京国際空港(現・成田国際空港)の建設が閣議決定され、農民を中心とした空港反対闘争が起こったものの、1978年に空港が開港して以降、日本の空の玄関として発展。成田ニュータウンの建設など、宅地化も進展した。市の南部には、競走馬の牧場もある。下総・大栄の両地区では農業・酪農が盛んで、利根川沿いの低地では稲作とレンコン栽培、台地ではサツマイモ・ラッカセイ・スイカ・ダイコンなどの栽培が行われる。成田山新勝寺(光明堂、釈迦堂などは国指定の重要文化財)は毎年多くの参詣客・観光客でにぎわう。下総地区の龍正(りゅうしょう)院(滑河(なめがわ)観音)の仁王門は国の重要文化財に指定。空港近くには航空科学博物館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

千葉県成田市の関連キーワード千葉県成田市大栄十余三千葉県成田市台方干拓千葉県成田市新駒井野千葉県成田市南三里塚千葉県成田市山之作千葉県成田市並木町千葉県成田市多良貝千葉県成田市天神峰千葉県成田市美郷台千葉県成田市稲荷山千葉県成田市南羽鳥千葉県成田市東和田千葉県成田市津富浦千葉県成田市水の上千葉県成田市名古屋千葉県成田市十余三千葉県成田市八代千葉県成田市村田千葉県成田市長沼千葉県成田市中野

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉県成田市の関連情報