千葉県成田市(読み)なりた〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕成田〈市〉(なりた〈し〉)


千葉県北部中央に位置する市。
下総(しもうさ)台地上に位置し、市の西側には根木名(ねこな)川、東側には大須賀川が流れる。市の北部は利根川を隔てて茨城県と接する。2006年(平成18)3月、香取郡下総町、同大栄町と合併して現在の姿となる。旧・成田市は、中世以来、成田山新勝寺の門前町として栄えた。昭和30年代までは畑作と稲作を中心とする農業地帯。1966年(昭和41)、南東部の三里塚地区に新東京国際空港(現・成田国際空港)の建設が閣議決定され、農民を中心とした空港反対闘争が起こったものの、1978年に空港が開港して以降、日本の空の玄関として発展。成田ニュータウンの建設など、宅地化も進展した。市の南部には、競走馬の牧場もある。下総・大栄の両地区では農業・酪農が盛んで、利根川沿いの低地では稲作とレンコン栽培、台地ではサツマイモ・ラッカセイ・スイカ・ダイコンなどの栽培が行われる。成田山新勝寺(光明堂、釈迦堂などは国指定の重要文化財)は毎年多くの参詣客・観光客でにぎわう。下総地区の龍正(りゅうしょう)院(滑河(なめがわ)観音)の仁王門は国の重要文化財に指定。空港近くには航空科学博物館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉県成田市の関連情報