コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉県木更津市 きさらづ〈し〉

1件 の用語解説(千葉県木更津市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕木更津〈市〉(きさらづ〈し〉)


千葉県中部、小櫃(おびつ)川下流域に位置し、東京湾に臨む市。
近世は、江戸への独占運送権をもっていた木更津船根拠地第二次世界大戦前に海軍航空隊などがおかれ、軍都化。現在も陸上自衛隊の基地がある。戦後は京葉工業地帯の拡大に伴い、埋め立て地に鉄鋼・電機などの工場が進出。土地区画整理も活発に行われ、宅地化も進んだ。1997年(平成9)にはかずさアカデミアパーク構想のセンター施設として、かずさアカデミアセンター(かずさアーク)がオープンした。館山自動車道・圏央道(首都圏中央連絡自動車道)・東京湾アクアラインが通じる交通の要衝。東京湾アクアラインのパーキングエリア海ほたるには展望デッキもある。海岸の干潟は潮干狩りの名所で、行楽客でにぎわう。歌舞伎狂言切られ与三郎」の墓が建つ光明(こうみょう)寺、狸ばやし伝説で知られる證誠(しょうじょう)寺がある。太田山公園園内には、木更津市郷土博物館 金のすず、旧安西家住宅がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千葉県木更津市の関連情報