千葉県東金市(読み)とうがね〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕東金〈市〉(とうがね〈し〉)


千葉県中東部、九十九里平野のほぼ中央に位置する市。
近世には徳川家康東金御殿がおかれ、東金御成街道が開通。物資集散地・市場町として繁栄した。稲作を中心とする農業が発達し、園芸作物・植木栽培も盛ん。八鶴湖(はっかくこ)はサクラの名所。成東・東金食虫植物群落は国の天然記念物に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉県東金市の関連情報