千葉県流山市(読み)ながれやま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕流山〈市〉(ながれやま〈し〉)


千葉県北西部、江戸川東岸にある市。
近世以来、江戸川水運の河港として発展。江戸時代に興ったみりん醸造業は現在も盛ん。つくばエクスプレスの開通により、東京・秋葉原と約25分で結ばれている。首都圏の住宅都市として都市化が顕著。利根運河や近藤勇陣屋跡がある。諏訪神社は「おすわさま」と呼ばれて親しまれている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉県流山市の関連情報