コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉県茂原市 もばら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕茂原〈市〉(もばら〈し〉)


千葉県中部、九十九里平野南端にある市。
宿場市場町として発達。1930年代から開発が始まった天然ガスを原料・燃料に工業化が発展。電機・化学・機械工業が進出している。鶴枝(つるえ)ヒメハルゼミ発生地は国の天然記念物

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

千葉県茂原市の関連キーワード千葉県茂原市榎神房飛地千葉県茂原市北高根飛地千葉県茂原市川島飛地千葉県茂原市小林飛地千葉県茂原市千代田町千葉県茂原市高師町千葉県茂原市内長谷千葉県茂原市高師台千葉県茂原市榎神房千葉県茂原市下永吉千葉県茂原市下太田千葉県茂原市上太田千葉県茂原市桂飛地千葉県茂原市新小轡千葉県茂原市国府関千葉県茂原市小萱場千葉県茂原市上茂原千葉県茂原市東部台千葉県茂原市中善寺千葉県茂原市粟生野

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉県茂原市の関連情報