千葉県館山市(読み)たてやま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕館山〈市〉(たてやま〈し〉)


千葉県房総半島南西端、館山湾に臨む市。
南房総市に隣接。戦国大名里見氏が築いた城下町から発展。第二次世界大戦前は海軍航空隊などがおかれ、現在も海上自衛隊の館山航空基地がある。安房(あわ)地方の商業の中心地。野菜・花卉(かき)栽培や酪農も盛んで、房州うちわの産地。館山港は特定地域振興重要港湾に指定。海岸は南房総国定公園の一部で、海水浴客でにぎわう。首都圏のリゾート地として、ホテル・保養施設などが集積。城山公園・安房神社や大福寺の崖の観音などが知られる。常楽山萬徳寺の釈迦涅槃仏は青銅製のものとしては世界最大級。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉県館山市の関連情報