コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉県館山市 たてやま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕館山〈市〉(たてやま〈し〉)


千葉県房総半島南西端、館山湾に臨む市。
南房総市に隣接。戦国大名里見氏が築いた城下町から発展。第二次世界大戦前は海軍航空隊などがおかれ、現在も海上自衛隊の館山航空基地がある。安房(あわ)地方の商業の中心地。野菜・花卉(かき)栽培や酪農も盛んで、房州うちわの産地。館山港は特定地域振興重要港湾に指定。海岸は南房総国定公園の一部で、海水浴客でにぎわう。首都圏のリゾート地として、ホテル・保養施設などが集積。城山公園・安房神社や大福寺の崖の観音などが知られる。常楽山萬徳寺の釈迦涅槃仏は青銅製のものとしては世界最大級。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

千葉県館山市の関連キーワード千葉県館山市北条正木千葉県館山市西長田千葉県館山市上野原千葉県館山市西川名千葉県館山市長須賀千葉県館山市下真倉千葉県館山市上真倉千葉県館山市東長田千葉県館山市富士見千葉県館山市古茂口千葉県館山市亀ケ原千葉県館山市安布里千葉県館山市小原千葉県館山市大賀千葉県館山市坂井千葉県館山市大戸千葉県館山市江田千葉県館山市大井千葉県館山市神余千葉県館山市広瀬

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉県館山市の関連情報