コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉空襲

1件 の用語解説(千葉空襲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

千葉空襲

1945年6月10日と7月7日にあった米軍による千葉市中心部への爆撃。6月の空襲は、日立航空機千葉工場(現在のJFEスチール東日本製鉄所付近)が目標とされ、千葉師範学校女子部、省線千葉機関庫(現在のJR千葉駅付近)などが被害を受けた。7月の空襲は「七夕空襲」とも呼ばれ、焼夷(しょうい)弾の投下とともに市民をめがけ機銃掃射も行われた。2度の空襲で市中心地(約330ヘクタール)の約7割が焼失した。

(2011-07-07 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千葉空襲の関連キーワード節供芸予地震ハッピーマンデー酸漿市今夏の参院選春日とよ喜済慶橘旭翁(2代)三宅康明

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千葉空襲の関連情報