コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らず センリノウマハツネニアレドモ、ハクラクハツネニハアラズ

1件 の用語解説(千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らずの意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らず

日に千里を走る名馬は常にいるが、それを見つけて育てる伯楽のような人物は常にはいない。人材を見抜いて育てる人が先である、という意。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らずの関連キーワード悪事千里を走る汗馬驥も櫪に伏す騏驎千里の馬千里馬汗血の馬老驥櫪に伏するも志は千里にあり

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone