コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半七(2) はんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

半七(2) はんしち

岡本綺堂(きどう)の「半七捕物帳」の主人公。
幕末の岡っ引き。江戸神田の岡っ引き吉五郎の子分で,天保(てんぽう)12年(1841)初手柄をたて,吉五郎の娘お仙と結婚。三河町の半七とよばれる捕物名人となった。慶応3年隠居。小説は新聞記者(私)が半七老人から昔の捕物話をきくという形をとっている。大正6年から昭和12年にわたって執筆された。全68話。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

半七(2)の関連キーワード岡本綺堂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android