コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半井 桃水 ナカライ トウスイ

20世紀日本人名事典の解説

半井 桃水
ナカライ トウスイ

明治・大正期の小説家



生年
万延1年12月2日(1861年)

没年
大正15(1926)年11月21日

出生地
対馬国府中(長崎県厳原町)

本名
半井 洌(ナカライ キヨシ)

別名
別号=菊阿弥,桃水痴史

経歴
11歳で上京、共立学舎で学び、三菱に入社したが、退職。明治13年大阪魁新聞に入社したが、廃刊後、父が医院を開いていた釜山に渡る。21年東京朝日新聞記者となり、22年同紙に「啞聾子」を発表。以後小説記者として「くされ縁」「海王丸」、23年「業平竹」、24年「胡沙吹く風」など次々発表、人気作家となった。31年からは大阪朝日にも歴史小説を執筆した。晩年(40年)の代表作に「天狗回状」がある。樋口一葉の師であり、恋人といわれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

半井 桃水 (なからい とうすい)

生年月日:1861年12月2日
明治時代;大正時代の小説家;作詞家
1926年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

半井 桃水の関連キーワード長崎県対馬市厳原町中村荘司 きく子武田 仰天子荘司きく子鳥羽の恋塚大正時代生年月日にごりえ半井桃水天狗廻状一葉日記高砂物小説家特派員羽衣物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android