半井 桃水(読み)ナカライ トウスイ

20世紀日本人名事典の解説

半井 桃水
ナカライ トウスイ

明治・大正期の小説家



生年
万延1年12月2日(1861年)

没年
大正15(1926)年11月21日

出生地
対馬国府中(長崎県厳原町)

本名
半井 洌(ナカライ キヨシ)

別名
別号=菊阿弥,桃水痴史

経歴
11歳で上京、共立学舎で学び、三菱に入社したが、退職。明治13年大阪魁新聞に入社したが、廃刊後、父が医院を開いていた釜山に渡る。21年東京朝日新聞記者となり、22年同紙に「啞聾子」を発表。以後小説記者として「くされ縁」「海王丸」、23年「業平竹」、24年「胡沙吹く風」など次々発表、人気作家となった。31年からは大阪朝日にも歴史小説を執筆した。晩年(40年)の代表作に「天狗回状」がある。樋口一葉の師であり、恋人といわれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

半井 桃水 (なからい とうすい)

生年月日:1861年12月2日
明治時代;大正時代の小説家;作詞家
1926年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android