コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半導体メモリー はんどうたいメモリー

2件 の用語解説(半導体メモリーの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

はんどうたいメモリー【半導体メモリー】

記憶機能をもつ半導体集積回路からなるメモリー。コンピューターの主記憶装置に用いられる。 → ラム(RAM)ロム(ROM)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

半導体メモリー

電子機器の記憶媒体で、現在は「DRAM」と「NAND型フラッシュメモリー」が主流。DRAM書き込みや呼び出しが速いが、電気が流れないと情報が消える。NAND型は電気がなくても情報が消えないのが特徴で、SDカードUSBメモリーに使われる。「MRAM」は電力消費が少なく、書き込みもDRAMの10倍ほど速くなると期待される。

(2014-04-17 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半導体メモリーの関連キーワード記憶セル記憶容量記憶可能性長期記憶記憶喪失形状記憶樹脂磁心記憶装置記憶力記憶細胞リボーの記憶法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

半導体メモリーの関連情報