半時庵淡々

美術人名辞典の解説

半時庵淡々

江戸中期の俳人。大坂生。別号は渭北・勃卒翁等。元禄元年江戸に出て松尾芭蕉に入門、芭蕉歿後は宝井其角に就く。宝永頃京都で門戸を張り名声を博した。のち大坂に移り、浪花ぶり半時庵流と称する俳風を広めた。宝暦11年(1761)歿、88才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android