半時庵淡々

美術人名辞典の解説

半時庵淡々

江戸中期の俳人。大坂生。別号は渭北・勃卒翁等。元禄元年江戸に出て松尾芭蕉に入門、芭蕉歿後は宝井其角に就く。宝永頃京都で門戸を張り名声を博した。のち大坂に移り、浪花ぶり半時庵流と称する俳風を広めた。宝暦11年(1761)歿、88才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android