協和・恊和(読み)きょうわ

大辞林 第三版の解説

きょうわ【協和・恊和】

( 名 ) スル
〔明治初期には「きょうか」とも〕
心を合わせなかよくすること。 「互に尊敬し-して男女各自の天分を全くすべき真理/一隅より 晶子
〘音〙 同時に発せられた、あるいは継続的な二つ以上の音がよく調和していること。どのような響き(あるいは音程)が協和とされるかは、時代や音楽様式によって変化。 → 不協和

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android