コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協応 きょうおう

大辞林 第三版の解説

きょうおう【協応】

( 名 ) スル
複数の器官や機能が互いにかみあってはたらくこと。 「目と手の-」 「感覚と運動の-」 「鴨緑江軍おうりよくこうぐんは満洲軍と-して/此一戦 広徳

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

協応の関連キーワード感覚運動学習感覚運動技能学習障害児鏡像段階循環反応運動学習鏡映描写乳児期覚える調整力器官跳躍

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android