協調分散システム(読み)きょうちょうぶんさんシステム(英語表記)autonomous distributed system

世界大百科事典 第2版の解説

きょうちょうぶんさんシステム【協調分散システム autonomous distributed system】


[協調分散システム発展]
 協調分散システムは,独立に判断し行動するソフトウェア(エージェントと呼ぶ)が協調して動作するシステムである。必要があれば,エージェント群が自ら組織を作り,自ら変える柔軟なシステムであり,以下の3段階を経て発展してきた。(1)設計論としての協調分散システム 同じ機能を持つシステムを集中システムとして実現することもできるが,応用の性質から分散化したほうがよいという場合である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android