コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協調融資(シンジケートローン)

1件 の用語解説(協調融資(シンジケートローン)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

協調融資(シンジケートローン)

複数の金融機関がまとまり、金利や返済期間などの条件を同一にして企業に貸し出す手烹金融機関側は単独融資よりも貸し倒れリスクが軽くなり、融資先拡大にもつながる。とりまとめ役の金融機関には手数料が入る利点もある。融資を受ける企業側も個々の金融機関と交渉する手間が省け、取引金融機関を増やせる。みずほコーポレート銀行によると、97年度に4千億円だった市場規模は05年度に26兆円弱に達した。

(2007-02-27 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

協調融資(シンジケートローン)の関連キーワード固定金利表面金利フラット35TIBOR金融円滑化法中小企業等金融円滑化法日銀当座預金残高固定型金利・変動型金利金融円滑化法(返済猶予法)シンジケートローン Syndicated Loan

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone