コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南オセチア自治州

1件 の用語解説(南オセチア自治州の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南オセチア自治州

カフカス山脈の南側に位置するグルジア北部の自治州。面積約4千平方キロ。人口約7万人。イラン語派に属するオセット語を話すオセット人が多数を占めるが、グルジア人も住む。歳入の3分の2はロシアからの支援で、住民はロシアの市民権を持ち、ロシア通貨のルーブルを使う。ソ連初期の22年にグルジアに編入され、同じオセット人が多く住む北オセチア共和国(ロシア)と分離された。ソ連崩壊前後、グルジアからの分離独立運動に拍車がかかった。

(2008-08-10 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南オセチア自治州の関連キーワードグルジア語崑崙山脈カイラス山カフカスふかふかアッパースバネティカフカス山脈レフカラ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南オセチア自治州の関連情報