コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南シナ海の領有問題

1件 の用語解説(南シナ海の領有問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南シナ海の領有問題

南シナ海の島々の領有権や海域の管轄権をめぐり、中国、フィリピンベトナムなど沿岸の六つの国・地域が対立。中国とベトナムの間では軍事衝突に発展したことがある。海上交通の要衝で、近年、天然ガスや石油などの資源が海底に豊富に存在することが判明。ほぼ全域の領有を主張する中国が経済・軍事力を背景に主張を強める中、他の国や地域との対立が深まっている。

(2012-05-09 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南シナ海の領有問題の関連キーワード治外法権南海南シナ海の領有権問題管轄裁判所フィリピン諸島南支那海西沙諸島南シナ海緊急出撃領有権問題フィリピンと中国

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南シナ海の領有問題の関連情報