コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南ユランス県 みなみユランスSønderjyllands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南ユランス〔県〕
みなみユランス
Sønderjyllands

デンマーク南部,ドイツと国境を接するユラン半島南部に位置する県。県都オーベンロー。 1970年に,旧テネル,オーベンローセネルボル,ハーデルスレウの3県が合併してできた。 1864年にドイツ領となった北シュレースウィヒ地域は,1920年の国民投票によってデンマークに復帰し,現在,行政的には南ユランス県に属している。県の西部は沼沢地が多く耕作に適さないが,東部は肥沃な粘土質のローム層におおわれ,農牧畜,酪農業が盛ん。歴史的都市としては,1773年にモラビア人によって襲撃された県北のクリスティアンスフェルがあり,モラビア人が残した糖蜜パンが有名。その墓地,博物館も残されている。面積 3929km2。人口 25万 756 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android