コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南信 なんしん

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕南信(なんしん)


長野県南部、諏訪(すわ)盆地・伊那(いな)盆地を含む天竜(てんりゅう)川流域の地方名。ほぼ現在の岡谷(おかや)・諏訪・茅野(ちの)・伊那・駒ヶ根(こまがね)・飯田(いいだ)の6市と諏訪・上伊那・下伊那の3郡にあたる。北信中信東信に対する。諏訪盆地は全国有数の精密機器工業が集中立地する地域。飯田市以南は人文・自然とも東海地方との共通性が強く、文化・民俗面でも関係が深い。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

南信の関連キーワード原発に頼らない安心できる社会へ昨年2月の豪雪による交通マヒツアー・オブ・ジャパンやぶはら高原スキー場城南信用金庫[株]山梨県民信用組合飯田環境センター静岡県浜松市北区長野県松本市小原 鉄五郎遠山の霜月祭後藤 総一郎長野県飯田市ドクターヘリ南信州ビール美濃三河高原飯田竜水園長野(県)南信州新聞小原鉄五郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南信の関連情報