コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南北三ぶ(初代) なんぼく さぶ

1件 の用語解説(南北三ぶ(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南北三ぶ(初代) なんぼく-さぶ

?-1695 江戸時代前期の歌舞伎役者。
延宝-貞享(じょうきょう)(1673-88)のころ道外方(どうけがた)として活躍し,田舎者や町人の阿呆(あほう)役を得意とした。京都夷屋(えびすや)座,大坂荒木座などに出演した。鶴屋南北(初代)と同一人ともいう。元禄(げんろく)8年7月死去。和泉(いずみ)(大阪府)出身。鶴屋南北(初代)と同一人ともいう。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南北三ぶ(初代)の関連キーワード安保理決議1695と1718カンプハイス桃林堂蝶麿書店数減少国連安保理決議と議長声明円空笈日記黄宗羲三勝半七団七

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone