コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南北問題とフェアトレード

1件 の用語解説(南北問題とフェアトレードの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南北問題とフェアトレード

安い労働力で生産する途上国(南)と、利益を得て消費する先進国(北)の経済格差が「南北問題」。フェアトレードは、無農薬のコーヒー豆カカオなど良質な原料を途上国で生産し、先進国の消費者は品質や労力に見合った適正な価格で購入する取り組み。南北問題の解消へ、途上国の生産者が貧困から抜け出せるよう支援する狙いがある。

(2010-02-02 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南北問題とフェアトレードの関連キーワード資本主義集約農業生産力労働力労働力率技術移転必要労働時間ECDC後発開発途上国(LDC)遺伝資源へのアクセスと利益配分

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone