南大隅(町)(読み)みなみおおすみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南大隅(町)
みなみおおすみ

鹿児島県、肝属(きもつき)郡にある町。大隅半島南端、九州本土最南端に位置する。2005年(平成17)同郡根占(ねじめ)町、佐多(さた)町が合併して成立。南東は大隅海峡、西は鹿児島湾(錦江(きんこう)湾)に臨む。大隅半島の中央部から南東にかけて肝属山地が広がり、大隅海峡に一気に落ち込む。西側も阿多(あた)カルデラの東壁にあたり、断崖が海岸にせまる。町域の約8割が山林で、北部の雄(お)川下流の沖積地など、西側にわずかに平地がある。その西海岸沿いに国道269号が通る。柑橘類ほかの果樹、スナップエンドウなどの野菜、水産加工品などが特産品で、畜産も盛ん。半島南端の佐多岬から雄川の河口にいたる海岸一帯は霧島錦江湾国立公園、南東の海岸は大隅南部県立自然公園に含まれる。高温多湿で亜熱帯性植物が自生。辺田(へた)地区二川(ふたがわ)のヘゴ北限自生地、佐多岬一帯のソテツ自生地、肝付町・錦江町との境にそびえる稲尾(いなお)岳の照葉樹林は、いずれも国の天然記念物に指定。薩摩藩の薬園跡である佐多旧薬園は国指定史跡。佐多岬最南端の大輪(おおわ)島に建つ佐多岬灯台は、1866年(慶応2)に設置が決まった洋式灯台のひとつで、イギリス人技師ブラントンの設計により、1871年(明治4)に完成した。南大隅ウィンドファームの根占、佐多両発電所を合わせた発電容量は、風力発電所としては西日本屈指の2万6000キロワットを誇る(2011)。面積213.61平方キロメートル、人口8815(2010)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android