南有馬〈町〉(読み)みなみありま〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕南有馬〈町〉(みなみありま〈ちょう〉)


長崎県南東部、島原半島南部に存在した町。南高来(みなみたかき)郡。
島原の乱の舞台となった原(はら)城跡(国指定史跡)がある。2006年(平成18)、合併のため廃止。この合併により、南高来郡消滅。⇒南島原市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android