コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南極研究

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南極研究

昭和基地は日本から1万4千キロあり、平均気温は零下10度。地球環境過去から現在、未来を探るための貴重なデータ集めと研究を目的に設置している。南極の氷が全部溶けると世界の海面は50メートル以上も上昇するため、地球温暖化の影響を知るうえでも目が離せない。オゾンホールは日本による南極観測で見つかった。地下の古い氷を掘り出し、閉じこめられた空気を分析すれば、過去100万年にわたる気温や二酸化炭素量の変化がわかる。太陽活動と関係の深いオーロラの観測や、氷の上なら見つけやすい隕石(いんせき)の採集など、多彩な研究活動の舞台となる。

(2006-05-12 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

南極研究の関連キーワードジョージ・エドワード・R. ディーコンビビアン・E. フックスSCAR昭和基地南極地方

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南極研究の関連情報