南樺太

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南樺太

日露戦争後のポーツマス条約(1905年)により、北緯50度以南の樺太(サハリン)は、敗戦までの約40年間日本が領有していた。鉱業林業が盛んで、終戦時には約40万人の日本人が住んでいた。1945(昭和20)年8月、旧ソ連が日ソ中立条約を破棄して占領。ソ連軍との地上戦などで、多くの民間人が犠牲になったと言われている。現在はロシア・サハリン州に属する。

(2015-08-31 朝日新聞 朝刊 秋田全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南樺太の関連情報