コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南洋材輸送協定

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南洋材輸送協定

東南アジア産丸太の安定輸送や過当競争の防止を目的に、1962年に発足した不定期船のカルテル組織。運賃や輸送量などを加盟社間で調整している。海運業界では国際的にカルテルが認められてきた経緯もあり、独占禁止法の適用を除外されている。協定を結んでいるマレーシア・サラワク州のほか、同国サバ州、パプアニューギニアソロモン諸島の丸太も輸送しており、05年の取扱量は約72万立方メートル。6割弱をサラワク州が占める。

(2007-03-27 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android