コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南洋材輸送協定

1件 の用語解説(南洋材輸送協定の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南洋材輸送協定

東南アジア産丸太の安定輸送や過当競争の防止を目的に、1962年に発足した不定期船カルテル組織。運賃や輸送量などを加盟社間で調整している。海運業界では国際的にカルテルが認められてきた経緯もあり、独占禁止法の適用を除外されている。協定を結んでいるマレーシアサラワク州のほか、同国サバ州、パプアニューギニアソロモン諸島の丸太も輸送しており、05年の取扱量は約72万立方メートル。6割弱をサラワク州が占める。

(2007-03-27 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南洋材輸送協定の関連キーワード漁区東南アジア東南アジア条約機構過当競争アジア風邪アジアダラーアジアンポップスネグリートラットレースSEAFDEC(シーフデック)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone