コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南海トラフ巨大地震の被害想定

1件 の用語解説(南海トラフ巨大地震の被害想定の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南海トラフ巨大地震の被害想定

県が昨年6月、南海トラフを震源に東日本大震災並みの地震が起きた場合の県内の被害想定を公表。津波などで死者は神戸市などを中心に最大約2万9千人、全壊建物は最大約3万8500棟に上ると試算した。津波到達まで比較的時間があるため、地震直後に避難を開始し、住宅耐震化なども進めれば、死者は約400人、全壊建物は約1万2千棟に減るとしている。

(2015-03-25 朝日新聞 朝刊 神戸・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南海トラフ巨大地震の被害想定の関連キーワード伊豆-小笠原海溝うねうね八丈島東方沖地震昭和南海地震の被害東海、東南海、南海地震南海トラフ沿いの巨大地震東海地震と東南海地震宝永地震と安政東海・南海地震巨大地震での静岡県の被害想定南海トラフと安政東海・南海地震

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南海トラフ巨大地震の被害想定の関連情報