コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南海トラフ沿いの巨大地震

1件 の用語解説(南海トラフ沿いの巨大地震の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南海トラフ沿いの巨大地震

静岡県の駿河湾から九州沖に延びる海底のくぼみ「南海トラフ」の一帯を震源域とする地震。東海、東南海、南海の各地震が発生してきたが、国は一帯が同時に動く事態を想定。20メートル以上の津波が発生する地点は6都県23市町村、震度7の地域は10県153市町村で可能性があるとされた。

(2012-05-10 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南海トラフ沿いの巨大地震の関連キーワード三保の松原南海トラフ駿河駿河トラフ落延びる相良布逃延びる沼津アルプス南海トラフ巨大地震の想定南海トラフ地震による津波被害の新想定

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南海トラフ沿いの巨大地震の関連情報