コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南牧[村] なんもく

2件 の用語解説(南牧[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なんもく【南牧[村]】

群馬県南西部,甘楽(かんら)郡の村。人口3829(1995)。鏑(かぶら)川の支流南牧川最上流域の山地を占め,長野県と接する。総面積の8割が山林で,耕地のほとんどは傾斜畑である。江戸時代からコンニャクの栽培が行われ,明治以降,農産物の中心を占めてきた。松井田町など村外への出耕作が行われている。1972年から自然休養村事業が進められ,ブドウ,クリなどの果樹園やシイタケ,茶などの栽培を中心に観光農業の振興を図っている。

みなみまき【南牧[村]】

長野県東部,南佐久郡の村。人口3537(1995)。千曲川上流域に位置し,南は山梨県に接する。村域は八ヶ岳連峰の東斜面を占め,標高1000m以上の高原地帯にある。明治以後,平沢,海ノ口,矢出原などの牧場が開かれ軍馬を産したが,第2次大戦後,復員者や引揚者の入植により開拓が進み,かつての原野が一面の野菜畑に変貌し,牧場は牛の放牧地となった。冷涼な気候に適したハクサイレタスキャベツなど高原野菜の産地として知られ,全国に出荷される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone