南部 僑一郎(読み)ナンブ キョウイチロウ

20世紀日本人名事典の解説

南部 僑一郎
ナンブ キョウイチロウ

昭和期の映画評論家



生年
明治37(1904)年4月3日

没年
昭和50(1975)年2月16日

出生地
福岡県小倉市砂津(現・北九州市小倉北区中津口)

本名
杉田 実

旧姓(旧名)
鍋山

学歴〔年〕
東京帝大インド哲学科中退

経歴
昭和2年ごろから、多くの映画雑誌に撮影所ニュースやゴシップ記事を書くルポルタージュ記者として活躍。反骨精神を貫いた自称無頼派。東大在学中、筑豊炭鉱のストライキ応援に行き、会社側暴力団に襲われ、左眼が不自由に。著書の「女優千夜一夜」などはある時期の日本映画界製作現場の内幕もの文献として貴重。他に岡田嘉子伝「愛の国境線」「愛と炎の女岡田嘉子」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android