コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南里有隣 なんり ゆうりん

美術人名辞典の解説

南里有隣

鍋島藩士。江戸に出て塙塾に学ぶ。交友として古川松根・糸山貞幹等。又門人には岡吉胤・西川須賀雄等。村岡典嗣氏は雑誌「思想」の誌上に『南里有隣の神道思想』と題して之を論ず。神道関係の著書多し。元治元年(1864)歿、53才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android