コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単冠山 ひとかっぷやま

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕単冠山(ひとかっぷやま)


北方領土の択捉(えとろふ)島南西部にある山。成層火山の西単冠山(標高1566m)から東北東約10kmの恩根登山(おんねのぼりやま)(同1426m)に続く尾根筋を含めた総称。ロシア名ストカップ山。西単冠山は山頂部が円頂をした特徴ある山容を示す。噴火記録はない。恩根登山を境に択捉島南西部は現在、ロシアが全域を自然保護区に指定。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android