コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単冠山 ひとかっぷやま

1件 の用語解説(単冠山の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕単冠山(ひとかっぷやま)


北方領土の択捉(えとろふ)島南西部にある山。成層火山の西単冠山(標高1566m)から東北東約10kmの恩根登山(おんねのぼりやま)(同1426m)に続く尾根筋を含めた総称。ロシア名ストカップ山。西単冠山は山頂部が円頂をした特徴ある山容を示す。噴火記録はない。恩根登山を境に択捉島南西部は現在、ロシアが全域を自然保護区に指定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単冠山の関連キーワード択捉島北方領土の日北方四島北方領土特措法北方領土問題等解決促進特別措置法南千島北方領土ノサップ岬マラソン北方領土返還運動全国強調月間メドベージェフ大統領と北方領土問題北方領土交渉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone