単振り子・単振子(読み)たんふりこ

大辞林 第三版の解説

たんふりこ【単振り子・単振子】

一端を固定した軽くて伸びない糸に重くて小さいおもりをつけた振り子。特に、振動が鉛直面内で行われるものをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android