単振り子・単振子(読み)たんふりこ

大辞林 第三版の解説

たんふりこ【単振り子・単振子】

一端を固定した軽くて伸びない糸に重くて小さいおもりをつけた振り子。特に、振動が鉛直面内で行われるものをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android