コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博多駅の歴史

1件 の用語解説(博多駅の歴史の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

博多駅の歴史

九州鉄道が開通した1889(明治22)年に完成。当時は現在地より約500メートル北西の出来町公園(福岡市博多区博多駅前1丁目)付近にあった。1958年から始まった区画整理事業の一環として、民間と旧国鉄が共同出資し、3代目の現駅舎が現在地に移転、建設された。

(2007-06-24 朝日新聞 朝刊 週刊九州)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

博多駅の歴史の関連キーワード日豊本線南満州鉄道ゼメリング鉄道雄別炭砿JR肥薩線大島小太郎小原英一仙石貢田中徳次郎(1)三山近六

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone