コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博文館新館 はくぶんかんしんかん

1件 の用語解説(博文館新館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

博文館新館
はくぶんかんしんかん

1887年1月大橋佐平が東京本郷弓町に博文館として創業した出版社。新聞雑誌に発表された評論を要約紹介した月刊誌『日本大家論集』を創刊して成功を収め,95年から総合雑誌『太陽』をはじめ『少年世界』『女学世界』『文芸倶楽部』『文章世界』『新青年』などを次々に発行して雑誌王国を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

博文館新館の関連キーワード大橋新太郎生月大橋博文館福島県田村郡三春町弓町イビー大野孫平大橋まつ坪谷善四郎本郷庵切通山本留次

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone