コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博文館新館 はくぶんかんしんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

博文館新館
はくぶんかんしんかん

1887年1月大橋佐平が東京本郷弓町に博文館として創業した出版社。新聞雑誌に発表された評論を要約紹介した月刊誌『日本大家論集』を創刊して成功を収め,95年から総合雑誌『太陽』をはじめ『少年世界』『女学世界』『文芸倶楽部』『文章世界』『新青年』などを次々に発行して雑誌王国を築いた。書籍の分野でも「日本文学全書」「帝国百科全書」『大日本地誌』などを刊行。大正末期からは,書籍雑誌の販売機構に力を入れ,取次店の東京堂を興し,現在のトーハン (東京出版販売) の基盤をつくった。このため出版業務は自然衰退し,現在では日記帳の発売で知られる。なお,1950年に改組し現社名に変更。資本金 4850万円,従業員数 18名 (1995) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

博文館新館の関連キーワード東京芸術大学120周年国民之友雑誌ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門三大事件建白運動ウェッブカッペレッティグレフベネディクト

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android