コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印す・標す しるす

大辞林 第三版の解説

しるす【印す・標す】

( 動五[四] )
〔「しるす(記)」と同源〕
しるしをつける。目じるしを残す。 「確認済みのマークを-・す」
ある場所に跡をつける。証拠・記念に何かを残す。 「南極大陸に足跡を-・す」
[可能] しるせる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone