コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印・標・証 しるし

1件 の用語解説(印・標・証の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しるし【印・標・証】

〔動詞「しるす」の連用形から〕
あとの心覚えのためや、他人に必要なことを知らせるために形や色を物に付けたり変化させたりしたもの。マーク。サイン。 《印・標》 「木に-をつける」 「横断歩道の-」 「赤信号は止まれの-」
行為・心情・抽象的な観念などを具体的に表すもの。象徴。証拠。 「登頂の-の写真」 「感謝の-として品物を贈る」 「鳩は平和の-だ」
家柄・身分などをはっきりと表すもの。紋所・旗・記章など。 《印・標》 「過ぎ行く跡から亀菊が-は紛ひも嵐吹く紅葉流しの紋提灯/浄瑠璃・会稽山」
〔皇位またはそれから発することの証拠の意からか〕 《印》
官印。また、印綬。
三種の神器の一、八尺瓊勾玉やさかにのまがたま。神璽しんじ。 「重祚などにてあるべけれども、-の箱を御身に添へられたれば/増鏡 月草の花

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone