コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印・標・証 しるし

大辞林 第三版の解説

しるし【印・標・証】

〔動詞「しるす」の連用形から〕
あとの心覚えのためや、他人に必要なことを知らせるために形や色を物に付けたり変化させたりしたもの。マーク。サイン。 《印・標》 「木に-をつける」 「横断歩道の-」 「赤信号は止まれの-」
行為・心情・抽象的な観念などを具体的に表すもの。象徴。証拠。 「登頂の-の写真」 「感謝の-として品物を贈る」 「鳩は平和の-だ」
家柄・身分などをはっきりと表すもの。紋所・旗・記章など。 《印・標》 「過ぎ行く跡から亀菊が-は紛ひも嵐吹く紅葉流しの紋提灯/浄瑠璃・会稽山」
〔皇位またはそれから発することの証拠の意からか〕 《印》
官印。また、印綬。
三種の神器の一、八尺瓊勾玉やさかにのまがたま。神璽しんじ。 「重祚などにてあるべけれども、-の箱を御身に添へられたれば/増鏡 月草の花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android