印半纏・印半天(読み)しるしばんてん

精選版 日本国語大辞典の解説

しるし‐ばんてん【印半纏・印半天】

〘名〙 襟(えり)、背、腰まわりなどに、屋号、家紋、姓名などのしるしを染めぬいた半纏。おもに職人が用い、また、雇主が、盆、暮れに使用人や出入りの者に支給して着用させるもの。法被(はっぴ)。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android