コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印籠・印篭 いんろう

大辞林 第三版の解説

いんろう【印籠・印篭】

江戸時代、武士が裃かみしもを着たとき腰に下げた小さな容器状の装身具。左右両端に紐ひもを通して緒締めで留め、根付ねつけを帯に挟んで下げる。室町時代に印や印肉の器として明みんから伝わり、のち薬を入れるようになった。三重・五重の円筒形、袋形、鞘さや形などがあり、蒔絵まきえ・堆朱ついしゆ・螺鈿らでんなどの精巧な細工が施されているものが多い。
キュウリ、ウリ類やイカなどの材料の中に他の材料を詰め、のような形にした料理のこと。蒸し物、漬け物、鮨すしなどがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

印籠・印篭の関連キーワード江戸時代キュウリ室町時代装身具蒸し物漬け物緒締め材料堆朱印肉