コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印籠刻み・印篭刻み いんろうきざみ

大辞林 第三版の解説

いんろうきざみ【印籠刻み・印篭刻み】

刀の鞘さやに約1.5センチメートルの間隔を置いて印籠の重ね目刻みのような刻み筋を入れたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

印籠刻み・印篭刻みの関連キーワード印籠間隔

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android