コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危機遺産リスト

1件 の用語解説(危機遺産リストの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

危機遺産リスト

日本ユネスコ協会連盟によると、災害や紛争、過度な開発などの要因で世界遺産としての価値が危機的な状況になった場合、国際社会として守っていくために作られたリスト。現在の世界遺産981件のうち、危機遺産リストに登録されたのは、アフガニスタンの「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群」など44件。04年に世界遺産に登録されたドイツの「エルベ渓谷」は渋滞緩和のために住民投票で決まった橋の建設計画が景観破壊になるとして、06年に危機遺産リストに登録。建設が始まった09年、世界遺産から削除された。ガラパゴス諸島(エクアドル)のように、一度、危機遺産リストに登録された後、危機を脱したとしてリストから外された例もある。

(2014-01-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

危機遺産リストの関連キーワード危機遺産ユネスコ条約綱引き競技ユネスコ無形文化遺産世界寺子屋運動ドイツ労働者協会連盟ユネスコ憲章ユネスコ本部ユネスコ村ユネスコ・ローマ・センター

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

危機遺産リストの関連情報