コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

即決裁判の審理

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

即決裁判の審理

審理は20〜30分程度。冒頭、検察官起訴状を朗読し、即決裁判による審理を正式に申し立て、被告起訴事実を認める。検察側の冒頭陳述はなく、被告の身上・経歴関係のほか、容疑を認めた内容の調書などが証拠として調べられる。弁護側の情状立証のあと、論告求刑弁論と進んで結審。数分間の休廷の後、裁判官が執行猶予つきの判決を宣告する。

(2007-11-19 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android