コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵巣妊娠 らんそうにんしん

大辞林 第三版の解説

らんそうにんしん【卵巣妊娠】

受精卵が卵胞内や卵巣の表面に着床したもの。多くは初期に中絶に至るが、まれに生児を得るまで妊娠が維持されることがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

卵巣妊娠の関連キーワード子宮外妊娠受精卵卵巣中絶生児

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android