厚子・厚司(読み)アツシ

大辞林 第三版の解説

アツシ【厚子・厚司】

〔アイヌ語〕 オヒョウ・シナノキなどの内皮からとった繊維を用いて織った織物。また、その布を用いて作った衣服。経たて糸に染めた繊維か木綿糸を使った縞入りなどもある。アイヌ人が衣料とした。 [季] 冬。 《 たゝかれて埃のたちし-かな /上田春水子 》
大阪地方で産出する厚地の綿織物。また、それで作った衣服。多く、紺無地か大名縞で前掛けや労働着として用いる。 〔「厚子・厚司」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あつし【厚子・厚司】

〘名〙 (attush)
① 植物「おひょう」の異名。〔日本植物名彙(1884)〕
② ①の靱皮(じんぴ)の繊維を細かく裂き、糸にして織った布。また、その布で作られたアイヌの服。厚子織。
※澪(1911‐12)〈長田幹彦〉三「洋服の上から褞袍のやうなアツシを着込んだ一人のボオイ」
③ 歌舞伎衣装の名。②に似せて作ったもので異国風の趣を出す。厚子織。
※歌舞妓年代記(1811‐15)九「天竺徳兵衛韓噺〈略〉天竺徳兵衛。実は宗観一子大日丸三やく松助、天ぢくへ吹流されし船頭にて、異国のアツシの上に上下を着て出る」
④ 大阪地方で産出される、平織りまたは綾織りの、厚くて丈夫な木綿の織物。紺の無地か大名縞で、多くは労働者の仕事着、前掛け、半纏(はんてん)などに用いる。《季・冬》
※あらくれ(1915)〈徳田秋声〉二九「厚司(アツシ)を着た若いものなどが、帳場の前の方に腰かけてゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android