コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子・元子 げんし

大辞林 第三版の解説

げんし【原子・元子】

物質を構成する基本的な粒子で化学元素としての特性を失わない最小の微粒子。一個の原子核とそれをとりまく何個かの電子とから構成される。大きさは半径 10-10m 程度。原子の化学的性質は主としてそれのもつ電子の個数で定まる。
(通俗的に)原子核。
〘哲〙 ギリシャ哲学で、これ以上不可分と考えられた、事物を構成する微小存在。アトム。 〔「和英語林集成三版」(1886年)に訳語として atom と載るのがこの語の早い例。明治期には「元子」とも書かれた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

原子・元子の関連キーワード原子核

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android