コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力の平和利用の3原則

1件 の用語解説(原子力の平和利用の3原則の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原子力の平和利用の3原則

原子力研究の軍事利用を防ぐため、日本学術会議が1954年4月に決議。研究の一切の情報を国民に知らせ、軍事機密をなくす(公開)▽国が勝手に研究の方向性などを決めるのでなく、研究者の自由を尊重する(民主)▽外国に頼らず、日本の国情にあった科学技術を発展させる(自主)――という狙いだった。原子力基本吠55年成立)に盛り込まれたが、「公開」は「一切の情報」ではなく「成果」に限るなどとされ、「原子力政策決定過程がやがて見えにくくなった」との指摘もある。

(2011-07-23 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子力の平和利用の3原則の関連キーワード日本原子力研究所原子力三原則原子力長期計画日本学術振興会法RECOVER外国為替法原子力2法人統合日本原子力研究開発機構の量子ビーム応用研究部門嵯峨根遼吉産学協力研究委員会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone